記事一覧

著名人から診る九星気学

こんにちは、一宮店の石峰です。   さて、今回は誰もがご存知の著名人・有名人の誕生日を3千人分データ化し、九星気学との関係を診ていきたいと思います。   以前にもお伝えした通り、アイドル、芸能人に一番多い九紫火星がスポーツ選手を含めて断トツの1位17.4%を占めました。(近藤真彦、西條秀樹、薬師丸ひろこ、小泉今日子、北島康介、具志堅用高など)   2位には、こだわりの
続きを読む

今年の運勢は?2

前回のブログにて、今年一番運気の上がる星は一白水星で、一番運気の下がる星は   七赤金星というお話をしました。   今回は、2番目に運気の良い九紫火星の方について占っていきます。(開運)   生まれ年が、昭和・平成共に3年、12年、21年、30年、39年、48年、57年生まれの方   (但し、2月3日生まれまで)は、新しいことを始めるにふさわしい年となります
続きを読む

今年の運勢は?

ご無沙汰しておりました。昨年4月以来のブログ更新となります。   前回まで、家相・年回りを占う九星気学についてご紹介してきました。   今回は、2月4日を過ぎ新年度に変わったところで、今年の運勢を占ってみます。   今年一番運気の上がる星は、一白水星です。(隆昌運)   生まれ年が、昭和・平成共に2年、11年、20年、29年、38年、47年、56年生まれの方
続きを読む

自分の性格を知る

先週に引き続きまして、九星気学について詳しく説明していきたいと思います。 先週、本命星と九星の性格の違いについて説明させて頂きましたが、今回は生まれ月によって隠れ性格が決まるという話をさせて頂きます。   本命星は、生まれ年によって導き出されますが、それでは同級生が全員同じ性格、同じ運命と考えてしまいますよね。   そんな簡単な仕組みではなく、生まれた月(以後月命星と呼びます)
続きを読む

九星気学について2

先週に引き続きまして、九星気学について詳しく説明していきたいと思います。   九星気学とは、9年周期で運命の変遷があるとする考えから、生まれ年を静観運とし、強運→喜楽運→変化運(運気の転換年)→上昇運→衰運(厄年)→準備運→開運→隆昌運(最高運気)と9年を経て、静観運に戻ります。   本命星と言われる年回りは
続きを読む

九星気学について

はじめまして。 一宮店でお世話になります石峰と申します。 以後、よろしくお願い致します。   タイトルにあげました“九星気学”ってご存知でしょうか?   一般的には、‘当たるも八卦(はっけ)、当たらぬも八卦’で、有名な易者さんが使う占いですが、建築関係でいうと、家相、年回りが良いかどうかを調べる際に使います。 神社にも前厄、厄年、
続きを読む

ニッカホームfacebookページ